木村 洋幸 

Hiroyuki Kimura  / ”HIRO”


ゴスペルシンガー&ディレクター 

HIRO's MASS CHOIR主宰

プロデュース、ギター、ベース、ドラム、キーボード、

マニピュレーター、作曲、編曲



幼少期よりドラムに親しみ、高校生にしてドラマーとして

近藤房之助のバックバンドを経験する。

その後数々のアーティストをサポート。

21才の時、ドラムよりヴォーカルに転向し、

ジャズライブハウス等に出演し、評価を受ける。

日本ゴスペル界の第一人者ラニーラッカー氏との

出逢いをきっかけにゴスペルを学び、

2000年より、ゴスペルディレクターとして

多くのクワイアを指導。


そして自身が主宰のゴスペルクワイア

HIRO's MASS CHOIR」を結成し、

最先端のゴスペルミュージックを発信。

現在は、総勢200名が所属し日本を代表する

ゴスペルグループとして、活動の幅を拡げている。


また、グラミー賞ノミネートの世界的ゴスペルアーティスト

God Great God」や「In The Sanctuary」で有名な

Kurt Carr(カートカー)氏を

2014年、2018年と日本に招致。

Kurt Carr氏と日本中のゴスペルディレクターの架け橋となり、

来日公演では夢の共演を果たす。


ゴスペルシンガーとは別に、プロデュース、ギター、ベース、

ドラム、キーボード、マニピュレーター、

作曲、編曲などマルチミュージシャンとしても多方面で活躍中。



<TV/Radio>

●FNS歌謡祭(CX)

SMAP、

LOVE PSYCHEDELICO

(ラブ サイケデリコ) 

バックコーラス


●ミュージックフェア(CX)

森山良子バックコーラス


●家族が選ぶにっぽんの歌(NHK)

和田アキ子バックコーラス



<舞台・ミュージカル>

●2004年

ミュージカル「あおぞら★歌謡団」

@東京芸術劇場

曾我泰久、喜多嶋舞、平良とみ、

ジェームス小野田 他と共演


●2011年3月21・22日

ゴスペルオペラ「トゥリーモニシャ」

@月見の里学遊館

亀渕友香 & The Voices of Japan 他と共演



<CD>

●2004/8/29発売

HIRO's MASS CHOIR 

ファーストアルバム

「Unconditional Love」

(ライフレーベル)


●2006/6/21発売

CDツイン 

「テレビこどものうた 

    ~轟轟戦隊ボウケンジャー」

(日本コロムビア)

CD2.M19「世界が一番幸せな日」に歌唱参加


●2013/6/26発売

華原朋美「DREAM-Self Cover Best-」

(Universal Music)

M4.「LOVE BRACE」

    M8.「Love Is All Music」

にコーラス参加


●2019/9/1発売

HIRO's MASS CHOIR

セカンドアルバム

「They That Wait」

(エイチトーンレーベル)



<プロデュース/コーラスアレンジ>

●デビッドバングラ「V.I.P.」/AFRO-POP&ARK 

(Villageレコード)


●BRIGHT LIGHTS CHOIR

「-Spirit of the Gospel - Yaku ni Tachitai」

(RABLC RECORDS)


ヒトトナリ・ユナイテッド「ヒトトナリ」

(コーラスアレンジ)